侯君、あなたは最高の男。
2009/11/10(火)19:37
こんばんワンツー、陽歌ですけども。
鼻と口の間に出来た吹き出物に悩んでますけどもー。
原因は、化粧下地だと思うの。
痛いし、すんごく目立つし、人と顔合わせたくない(泣)
でも、会社の人はそのことに触れないの。
すごい気を使われてる・・・残念な感じ(苦笑)




HEY③サクッと編集したら13分しかなかった。
なんで?もうちょっと流してくれないんだろ?
懐かしの歌を見るのもうんざりだったわ・・・あそこ長く取り過ぎだろ。
∞のトークもうちょっと見たかった。
HEY③に来たら、そこがメインなのにねー!
それにしても∞がお世話になってる重鎮の濃いーこと。

ザ・関西!

∞ならではなんだもん。お好み焼きって言われても仕方ない。
でも、とっても欠かせない方々?なような・・・・(汗)


横山ホットブラザーズに教えてもらったのこぎり。
4年前が懐かしい。侯君がのこぎりやった時、すごい残念感を陽歌も味わったもん(笑)
痛々しかったこと。
あれもいい思い出だし、あん時反省会したとか言ってなかったっけ?
初登場で汗が凄かったもんなー(笑)


ざこばさんに連れて行ってもらうのは「喫っちゃ店」に爆笑だったんだけど。
侯君が言うと更に可愛くない?
陽歌はキュンとしたんだけど侯erならわかる気がするんだけど。
ヒナの「動物っちぇん」にはキュンとならんかったけど。


侯君は、陣内さんから貰った指輪は本当にあるん?(ふふふ)
実家にあるって言った時点で、それってよくないよな~って思いながら見てたんだけど(苦笑)
実家のどこにある?ってツッコまれてる侯君が可愛い♪
「電話せぇ!今!」まで言われてオロオロしちゃって・・・・←こんな図大好きなんよねー。
もっと虐めてほしかったくらい←(歪んでるな)笑
とりあえず、指輪を探してみて欲しいね。



すっごい気になって仕方なかったんだけど、中指と人差し指のカットバンは何?
赤っぽいのと黄緑のやつ!
同じような所に怪我?
めっちゃ気になって、じ~って見てたの。
一時停止してまで見たから←(怖いから)
子供がつけるような可愛いカットバン。
何したんだか侯君。
料理でもしたん?さかむけ?犬に・・又は人に噛まれた?ドアに手をおもいっきり挟んだ?
さぁ、この中に答えは??ないかな?笑
そんなとこに目がいっちゃってねー。かなり目立ってたよ。

ケガには気を付けて侯君。


なんか、侯君しか見れてないHEY③感想でした。



ほなおつ



急☆上☆show!!週間1位おめでとう☆*☆*☆*
コメント
この記事へのコメント
★YUさんへ★
お返事大変おそくなり申し訳ありませんでした。

やっぱりカットバン気になりますよね。
なんだったんでしょ・・・あれは。
綺麗な指なので、カットバンさえも似合う侯君でした。
綺麗な指なんで大切にして欲しいですね。
2009/12/09(水) 20:22 | URL | 陽歌 #-[ 編集]
こんばんワンツー☆
HEY③短かった~(><)
ホント!もっとトークが聞きたかったよね。
侯くんのカットバン、私も気になりました!
可愛すぎるでしょ(笑)
それにしても、キレイな指だねぇ♪
2009/11/10(火) 19:52 | URL | YU #sFniOuYU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

陽歌(ようか)

Author:陽歌(ようか)
∞年齢∞ 36歳
∞住み∞ 鳥取県
∞好きな人∞ 関ジャニ∞ 横山侯隆君 


侯君大好きな故、それはもう・・侯君に甘々です。
が、侯君を貶すのも文句言うのは日常茶飯事。
オタとしてアップダウン激しすぎて病むのは当たり前です。
苦手な方はお引き返し下さい。
∞に嵌って13年目突入。もう、∞無しの生活は出来ない程。
コンサートが大好きで、痛く壊れるらしい・・・
出来る限り、何処へでも会いに行きます。
∞への愛を自坦への貶しや毒を、いっぱい勝手気ままに語ります。
苦手な方はごめんなさい。
デレ期は本当に短いです。

CalendArchive

最近の記事+コメント

Lc.ツリーカテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Lc.ツリーリンク

AquariumClock 2

最近の陽歌

フリーエリア

侯君を応援します

http://69.xmbs.jp/yokoyamakai黒縁メガネ山裕 http://69.xmbs.jp/yokoyamakaihttp:/

フリーエリア

横山裕の画像が探せる掲示板
Powered by ジャニトモ

アクセスカウンター

 | ∞侯色∞TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX